タイ古式マッサージ

その印象を聞くと、「痛そう」「自分は身体が硬いので向いてないと思う」といった先入観をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。年末の番組の「タイキック」のイメージとごっちゃになってる人もいました(実話です)。とにかく、「ストレッチでギシギシに伸ばされる」という印象が強いのかもしれません。

実際、タイ古式マッサージの大きな要素に「ストレッチ」技術があるのも事実です。

ですが、一般的な東洋医学の考え方と同じで、タイ古式マッサージとは、人間の身体に流れるエネルギーの流れ、「セン」に沿って、身体の不調を取り除くよう手技を組み合わせておこなう総合施術です。ストレッチもこの手技に含まれますが、もみやツボ押しといった他の手技と組み合わせて行われます。足先から頭のてっぺんまで、センに沿って身体を解きほぐしてゆくタイ古式マッサージをヨガ的に見る方もいらっしゃいます。

銀タイのタイ古式マッサージも、基本的な流れは伝統的なそれと同じです。しかし、私たちのセッションでは、身体を伸ばす前に、各部位のコリを丁寧に取り除き、筋肉の緊張を解すことを徹底しています。その結果、患者様が思っている以上にストレッチできるようになります。

そしてタイ古式マッサージの本質は、センに沿って身体のエネルギーの流れを整えることでもあります。これは、人間本来のもつ自然治癒力や、免疫力の向上に寄与すると信じられています。

それにもう一つ。筋肉のきしみを取り去り、適切にストレッチすることで、睡眠時以上に背が伸びる場合もあるんです。120分のセッション終了後には、患者さんの目線が高くなっていることもよくあります。(もちろん個人差があります。)

それと、全身の筋肉の緊張を取り除くことで、身体のむくみも取れます。このことを実感できる一つの例は、足のサイズです。施術終了後に、多くの方が靴がブカブカになるともおっしゃっています。

疲れを剥がす(はがす)
モリ式タイ古式

仙台で予約の取れないセラピストであったモリのタイ古式とはなにか?

一言でいうと、疲れを剥がす(はがす)、独特の手技であると言えます。

基本的なタイ古式の施術は、セラピストの身体全体(指、手のひら、握りこぶし、肘、膝、足の裏等)を用いた指圧とストレッチのコンビネーションです。

モリ式の施術には、通常のタイ古式と比較して、ストレッチより指圧にウェイトを置いたテクニックを多用するという特徴があります。

モリの手のひらは、患者様一人ひとりの筋肉のコリをリズミカルに見つけ出していきます。そして、その部位のコリを疲れと一緒に一枚ずつ剥ぎ取っていくのです。

深い眠りと
身体のリセット

モリのセッションのあとに、みなさんが口にする言葉があります。

「よく寝れた」

これこそが私たちがみなさんに是非体感していただきたいことです。

人間の身体は、睡眠を適切に取ることでリセットされると言われています。ですが、身体にこびりついた疲れを身にまとったままでの睡眠では、ほんとうの意味での身体のリセットはできない、と私たちは考えています。

目覚めの瞬間に、本当の自分の身体のポテンシャルを感じて見てください。

完全予約制
プライベートセッション

銀タイは現状セラピスト1名体制です。

従いまして、お一人お一人の患者様との時間に集中するために、一日のセッション数を事前にコントロールさせていただいております。

当日の飛び込みは原則としてできません。事前にご予約をお願いします。

(Visited 23 times, 1 visits today)